FC2ブログ

【電子申告】個人のメッセージボックスのセキュリティが強化されました

まずは、こちらをご覧ください。

http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/msgbox_enhanced_security.htm


今年から、個人の方の電子申告におけるメッセージボックスのセキュリティが強化されました。我々税理士も、お客様のメッセージボックスが見られなくなりました。見るためには一定の手続きが必要です。

メッセージボックスにどんな価値があるのか?ですけど、たとえば申告に必要な情報は紙ベースでは送られてこないのですべてメッセージボックスでチェックしておかないとならないわけですね。今までは申告の時期になれば税務署が申告書を送ってきてくれていたわけですが、電子申告により送ってもらえなくなるわけです。

今まで、おおらかに処理をしていた(すみません)私も、きっちり管理が必要になったことを実感して、手続きを行いました。

国税庁は、近年ますます電子申告を推進しております。

例えばですが、平成32年(西暦2020年)から、個人の青色申告の方は一定の要件を満たせば65万円の控除が認められておりましたが、電子申告をしないと55万円になってしまいます。  →  こちら

その代わり、基礎控除額が38万円から48万円にアップするのですが。
でも、青色申告の特典としての、領収書なしで控除が受けられる65万円は維持したいですよね。

細かいことではありますが、電子申告ですと省略できる添付書類もあります。詳しくは  →   こちら

また、以前より何かと便利になってもいるようです。詳しくは  → こちら

とまあ、世の中は変わりつつあるわけです。

変化についていかねばですね。

三連休



お正月が終わっても、この三連休が終わらないとなんとなく正月気分が抜けません。

私は町会の餅つきに参加して、最終日の今日はほっとして大好きなIKEAにやってきました。事務所で使う雑貨などを買いました。

今年は年末調整も、合計表も、給与支払報告書も、ほぼ終わらせ、1月提出の法人申告書を提出するのみなので、なかなかいいペースです。

今年はガンガン、前倒しで行きたいと思いまーす‼️

#IKEA #IKEA新三郷 #ストロベリー #メンバー

明けましておめでとうございます



新年明けましておめでとうございます。

当事務所は、正式には(笑)本日より業務を開始いたしました。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。



いよいよ今年もシーズン突入だぁ!3/15まで、とりあえず乗り切ってまいります。

2018年お世話になりました。

8411


2018年ももうすぐ終わろうとしております。

お客様、並びにブログやFACEBOOKで応援してくださった皆様、私と関わってくださった多くの皆様に心から御礼申し上げます。どうか迎える2019年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年は、私にとってはとても大切な義母が亡くなり心の支えを失ったような気がいたしました。また、家族の新しい出発もあり、失ってまた新しい出来事に出会う一年でもありました。

普段は苦手でできない自撮りをしてみました。人様にお見せできるようなものでもないのですが、現在の私の顔と、皆様へのご挨拶を兼ねて顔出しすることにいたしました。

人生は、何かを築き上げては失い、また再構築することの連続のような気がいたします。

お客様をお守りする立場で申し上げさせていただきますなら、築き上げるものは地面の上に。どうかご自身の基礎となるものを築き上げる一年でありますようにお祈りしてやみません。

どうか良い年末をお過ごしくださいませ。

自民党税調の税制大綱は今日以降決定か

母と子

年末恒例となっております。来年度の税制改正をまとめた自民党税調による税制大綱ですが、13日発表の予定がまとまらずに14日(本日)以降の発表となるもようです。

まとまらなかった大きな理由は未婚のひとり親家庭への支援策をめぐるもの。現在の税法は民法の規定に則り、法の上での婚姻を基礎としており、結婚せずに子どもを生んだひとり親家庭について寡婦(夫)控除は認められていないからです。また、未婚のひとり親家庭は児童扶養手当も受けられないので、それを受けられるようにしてはどうかとの議論があるためだそうです。

私は、消費税の税率アップに関する取り決めに興味があります。

税率アップによる消費の冷え込みへの対応策として、住宅や車に関しては一定の減税策が、請負契約については契約の日によって消費税を8%あるいは10%とすることなどが言われています。日々の買い物については、クレジットカードや電子マネーを使用した場合に、一定期間、2%をポイントで還元しようかという案もあるようです。

しかし、そのやり方だとクレジットカードや電子マネーを持っていることが前提となり、それらを使用して買い物しないと恩恵を受けられない。お年寄りは未だにクレジットカードは使わないし持っていないという方もおられるのではないでしょうか。低所得者層では、そもそも大金は使えないという事情もあるだろうことを考えますと、金持ちが得するだけなんじゃないか?と思えるのですが。

どうなるんだろうなぁ…