FC2ブログ

何が経費になって、何が経費にならないか

今や確定申告シーズンです。個人事業者のみなさま、準備はいかがですか?

この時期にご質問を多くいただく内容について、私なりにお答えした内容を列挙していきたいと思います。良かったらご参考にしてください。

Q 自宅の水道光熱費は経費になりますか?

A ご自宅を商売に使っておられるなら、どれくらいの部分をご商売に使っておられるかにより経費にすることはできます。どれくらいの割合かは、仕事に使っているお部屋や駐車場などの面積が家全体の面積に占める割合や、使う時間などによって判断された方がいいです。この割合は、すべての経費に共通するものと考えていいと思います。ただし、玄関や廊下、台所やトイレなどの共用部分については経費にならないと考えていただいた方がいいですよ。

Q 食事代はどこまで経費にしていいですか?

A たとえばですが、それが青色事業専従者であるご家族との食事代である場合はNGです。あくまでも取引先との、従業員との食事であれば経費にしていいと思います。なぜなら、所得税法に規定されている家族への支払いで唯一認められている例外が専従者給与であって、それ以外についての例外は認められていないからです。打ち合わせ時の食事代などについても、個人事業者である場合は自分の分は除いた方が無難です。

Q 仕事でしかスーツを着ないのですが、スーツ代は経費になりませんか?

A こちらはかなり意見が分かれるところです。なぜなら、サラリーマンのスーツ代については特定支出控除が認められているからです。ただ、この規定についてはかなり要件が難しくてお勤め先の証明書などもいりますので使っている方は少数のようです。基本的には、スーツは個人的にも使える=汎用性がある、と言われているところすので、衣服に関してはやはりネームが入った作業着や制服に限定されているようには思えます。
ただ、私の個人的な意見では寒い中外でお仕事をされる方々のヒートテック下着や、スタッフがおそろいのTシャツを着て店頭に立つ場合のTシャツの購入代金などであれば認めるべきではないかと思います。

これらは以下の国税庁の見解を基礎にお答えしております。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2210.htm

ここで重要なのは「取引の記録などに基づいて、業務遂行上直接必要であったことが明らかに区分できる場合のその区分できる金額に限られます」の部分です。

つまり、その支払いがどう事業に必要だったのか?それが合理的に区分できるか?によるのです。ご商売によっては、必要とされるものの内容がそれぞれ違います。そのあたりの判断は我々税理士にも多少の違いがあるようです。

それ以外のご質問があれば、ぜひお尋ねください。過去の判例なども参考にお答えします。
スポンサーサイト