FC2ブログ

借入をするということについて。

商売をしていると、地元の信金さんの営業さんがよく来られると思います。借入をしませんか?とおすすめをしてこられるでしょう。地域の企業の応援をしたいと思って、きっと良くしてくださるでしょう。

しかし、立ち止まって考えてみてください。借りたら返す、それは基本です。もし返済が滞ったらどうですか?

信用保証協会に保証料を支払えば信金さんへの返済義務はなくなります。信用保証協会さんが信金さんにその補てんをするからです。でも返済義務はなくなりません。信用保証協会からの返済を迫られることになります。

法人の場合は、その会社の役員さん個人に返済を迫ることになります。個人の場合は言わずもがなです。

信用保証料についても、その率にはランクがあります。ご自分に設定された保証料の率を見れば、金融機関にどういう見方をされているのかわかります。もっといえば、信用のある企業には保証料じたいつかないこともあります。

ですから、借り入れには慎重な見方をしていただきたいのです。

借入は、将来の売上金の先払いなのです。返済をしている以上は、キャッシュフローが悪化します。売り上げてもそのお金は借入の返済に回されて、仕入れの資金が不足します。そこで、また借入する繰り返し。


現在の財務状態をよく把握して、無駄遣いはないか確かめましょう。
借入しても返す当てがあり、今後も資金は回転するのか、考えましょう。


売上があり、充分に黒字の企業であっても資金繰りにつまれば倒産ということもあります。
借入はもろ刃の刃だということを忘れずにいてください。


スポンサーサイト