FC2ブログ

記録的猛暑・相続法改正

rainbowshowertree

猛暑の毎日でまいりますね…昨日は熊谷で41℃だそうで、これからどうなることやらです。水分を摂って、涼しい屋内で過ごすようにいたしましょう。

さて、話は変わりますが7月6日に成立した相続法(民法)の改正が13日付けで公布されました。昭和55年以来の見直しとのことですので、約40年ぶりということになります。

法務省のサイト   →  こちら


何が変わったのか?をサクッとまとめると以下のようになります。被相続人=お父さん 法定相続人はお母さんと子どもAとB2人として説明します。

1.配偶者の居住権を保護するための方策
  お父さんが亡くなったとき、お父さんが所有していた自宅にお母さんが居住する権利を認め、子どもAは自宅でお母さんと同居し自宅を相続します。相続税における配偶者の税額軽減制度を使用するならば、お母さんは自宅への居住権を認められつつ多くの資金を取得することができるようになります。子Aはお母さんが亡くなったときの相続において自宅の相続は必要なくなります。

2.遺産分割に関する見直し
 (1)お父さんとお母さんは婚姻期間が20年以上です。お父さんはお母さんにかつて自宅の一部を贈与していました。今回お父さんが亡くなって、お母さんと子どもABで遺産分割の話し合いはまとまっていないとした場合。
 その場合未分割で相続税の計算をすることになりますが、未分割ですとお父さんが相続人たちにこれまでに贈与した財産を全部遺産に含めて計算(持戻しといいます)しなければなりません。しかし、改正によりお母さんがお父さんからもらった自宅についてはその持戻しからはずしていいですよ、となりました。

 (2)相続財産に属する債務の弁済、相続人の生活費の支弁その他の事情を考えて預貯金債権の仮分割を認めましょう、となりました。

 (3)相続開始後に共同相続人の一人が遺産に属する財産を処分した場合に、計算上生ずる不公平をなくす方策ができました。
  今までは遺産分割前に遺産が処分された場合、その財産は遺産ではなくなり民事訴訟での救済しかありませんでした。これからは、その事前に処分された財産についても遺産に含めて計算できることになりました。

3.遺言制度に関する見直し
 (1) 自筆証書遺言の方式が緩和されました。
 (2)遺言執行者の権限等を、明確化することになりました。

4.遺留分制度に関する見直し
  遺言等により法定相続人において不公平な相続財産の分割が行われた場合は、一部の法定相続人において法定相続分の1/2を請求する権利(遺留分の減殺請求といいます)が認められていますが、これが行使されることによっていくつかの弊害が指摘されていました。例えば、事業に使用している土地を事業を承継した子以外の子と共有になってしまい事業承継の妨げになっているとか、持ち分が複雑になったりするとか。
  これを解決するため、減殺請求権を持ち分でなく金銭債権化し、すぐに払えない場合は裁判所に申し立てて期限を延ばすことができるようになりました。

5.相続の効力等に関する見直し
  現在は、遺言等により承継された財産について、登記していなくても第三者に対抗することができるとされています。
  これを見直して、法定相続分を超える部分の承継については、登記していなければ第三者に対抗することができないことになりました。 
  これによって遺言の有無及び内容を知ることができない相続債権者・債務者等の利益や第三者の取 引の安全を確保することができるようになり、登記制度や強制執行制度の信頼が確保されることになります。

6.相続人以外の者の貢献を考慮するための方策
  相続人以外の被相続人の親族が、無償で被相続人の療養看護等を行った場合には、一定の要件の下で、相続人に対して金銭請求をすることができるようになります。例えば、子Aの妻が長らくお父さんの介護を行ってきた場合は、子Aの妻はお母さん、子A・Bに対し金銭の請求ができるようになりました。

なお、改正は一部を除き公布日(つまり7月13日)から1~2年以内のスタートとなります。改正の日は別途政令で定められ、官報で公布されます。詳しくは、法務省のサイトでご確認ください。
スポンサーサイト

もうすぐ海の日

海


このたびの西日本豪雨災害の被害に遭われたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。それとともに一日も早い復興をお祈りします。

7月になって、サッカーワールドカップで日本チームが16強入りできたこと、オウム真理教死刑囚の死刑が執行されたこと、そこへきて西日本地区の豪雨災害と、立て続けに大きなニュースが飛び込んできて。今年の7月はいったい??と思うくらいめまぐるしいです。


さて今年も海の日がやってきます。お子さんたちもぼちぼち夏休みですね。当事務所は7/17(火)より7/20(金)までを夏休みとさせていただきます。ご連絡はe-Mailでいただければ返信いたします。よろしくお願いいたします。

個人的な予定ですが、今年は町会のお祭り準備が控えています。初めてのお手伝いなので、どーなることやら。その後は3月に亡くなった母の新盆と続きます。猛暑の毎日ですが、体に気をつけて楽しい夏休みになりますように。