FC2ブログ

平和を願って

2015年もあと少し。


現在日韓外相会談が行われており焦点は「慰安婦問題」なのだそうですね。

詳しい時事解説は私にはできませんが、戦争が引き起こした不幸は多くの人たちの人生を変え、大切な人を失くし、今もなお大きな問題となっているのですね。

イスラムの問題もそうですが…


平和な世界を願って。


幸せで穏やかな日々が訪れますように願います。

2016年が皆様にとって素晴らしい年明けでありますよう。



来年もどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

Merry Christmas

2015xmas

冬至を境に、ぐんと寒くなって冬らしくなってきました。

でもまた暖冬に戻るのかな?

税理士は年末調整からの繁忙期に突入しておりまして、これは例年のこと。

皆様クリスマスとお正月を元気にお過ごし下さいませ。



皆様にとって2015年はどんな年でしたか?



少し早いですが、私の2015年は。



お手伝いをしていた会計事務所を辞し、また自分の事務所に戻り再スタートしました。今年後半は無理をしていた体と心を見直すいいチャンスになりました。


海が荒れると船も揺れる。静かな波のときは船も穏やかに進む。

愛読しております、はるひなたさんのブログに書かれていて、本当にその通りだと思いました。自分の心の持ちようは大切なことだと思っています。


今年もあと残りわずか。悔いのないしめくくりをしていきたいですね。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

軽減税率?

自民公明両党が消費税率アップについての軽減税率をどこまで適用すべきかということについて、一応の合意を見たようですね。

それによると食料品と加工品は軽減税率を適用(8%のまま)、アルコールと外食については適用外(10%)とするとのこと。

消費税率アップによる税の増収見込みから軽減税率分の財源確保をどうするかが今後の課題だそうですが…

以上、出典は こちら

私には疑問が多く残りました。

たとえば。

消費税については所得との逆進性が問題とされてきたわけですが、すると、低所得者にとって外食やたまにはお酒を飲むのも「ぜいたく」?

一時的に外食を控える消費者が増えるのではないでしょうか?

それから、こういうのはどうなんでしょ?

ドイツフェス


これは、毎年青山公園で開催されてるドイツフェスティバルに行ったときのものです。ぐるっとドイツ製品や、ドイツのビールや料理を出す店が出ていまして、私たちは好きなところで買ってきて設置されてるテーブルとイスで食べたり飲んだりすることができます。

いわゆるイートインは外食?加工品?


カナルカフェ

こちらは、飯田橋にあるとあるカフェです。

店内で食べるか、料理や飲み物を受け取ってデッキスペースで食べるか選ぶことができますが、私はこのデッキスペースこそこのお店の特徴であって、お店の一部だと思っています。

店内と言っても、お堀の上に作られた建物なんですが…


大前提として、景気回復こそが課題なのであって消費増税によって外食産業が痛手を被らなければいいなと願います。それから軽減税率による財源確保のため新税の創設とか他の税目の増税とかがあったらどうなるの?とも思います。

電子帳簿保存法 その2

電子帳簿保存法ってなんだ?

思いっきり簡単に言ってしまうと…

国税に関係する帳簿書類を紙でなく電子データで保存してもいいよ、そのためにはかくかくしかじか…の決まりを守ってやってね、のその決まりを書きまとめたものが「電子帳簿保存法」です。

現在、法人税法では7年間(繰越欠損金の控除を利用している場合は最長10年間)取引にかかる帳簿、決算書類、取引書類、電磁取引にかかる電磁的記録などの保存を義務付けています。

たいがいの法人は青色申告法人でしょうから、すべての取引はその証拠書類に基づいていなければなりません。

10年分の取引記録を保存していないとならないの…紙で…場所とるじゃん…整理するの大変じゃん…大企業だと、想像を絶するくらいの書類があるんでしょうね。

電子申告の世の中になったのに、いまだに帳簿は紙に印刷して保存しなくちゃならないなんて、変じゃない?

それは、申告書を提出された税務署さんも同じなんです。

1枚1枚紙をめくり、この集計計算は正しいのかあたりも電卓を叩いて確認しなくちゃいけません。これがコンピューターで作成された申告書ならばそういう単純な計算確認はいらなくなりますよね。

書類の電子化をすすめることが、税務調査に集中できる、いわゆる省力化につながるというわけで、それもこれも時代の要請と言ってもいいくらいなんですね。

紙ベースでは、今の世の中にそぐわなくなってきているのですね。

そんなところから、当初平成10年7月に制定されたこの法律の見直しがなされたというわけです。


つづく。

電子帳簿保存法

先ごろ改正された電子帳簿保存法に興味を持っております。

2015年9月30日に施行され、2016年1月1日より適用されます。



電子帳簿保存法とは?
まずは国税庁の概要をご覧ください。 こちら

ちょっと読みづらいですね?
それではこのブログ記事にて少しづつ解説をしていきたいと思います。

早速研修に参加してまいりました。

得るものは大きかった気がします。


ではこれから続きを少しづつ書いてまいりますので、ご興味を持っていただけたら幸いです。

12月です



いよいよ12月になりました。1年はあっという間ですね。

良い年だったなと思えるように総仕上げ、頑張っていきましょう。


12月の税務はなんといっても個人事業の決算と、年末調整。

年末調整に関する書類の準備・提出はもうお済ですか?

保険料の控除証明書など、住宅取得控除の関係書類、また転職した方は前の職場に連絡して源泉徴収票をもらってくださいね。


よろしくお願いします。