FC2ブログ

3/15

今日は3月15日。

ドキッ!

確定申告提出期限日ですね。



しかし、確定申告の提出義務のない方の還付申告は今日ではありません。

たとえばーサラリーマンの方が住宅を購入した時の住宅借入金等特別控除、医療費控除などです。ただし、お父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんからお金をもらって頭金にした、なんて方は今日までに住宅取得資金の贈与税の特例または相続時精算課税の贈与税申告を出してください。


個人の消費税申告の提出期限は3/31ですから今日ではありません。

本日の0:00になるまでe-taxで提出できます。出さねばならない人は急いで。


スポンサーサイト

配偶者控除と配偶者特別控除が変わります

2018年になり早くも20日が過ぎました。

今年は配偶者控除と配偶者特別控除が変わります。

・まず、給与所得者本人の所得1000万円超(給与収入1220万円超)の場合は、配偶者控除と配偶者特別控除の適用はありません。

・給与所得者である配偶者が、配偶者控除を受けるための給与収入と、配偶者特別控除を受けるための給与収入は、給与所得者本人の収入により変わります。具体的には、財務省の税制改正より引用します。

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/b07_1.pdf  

・配偶者の給与収入について、今まで配偶者控除と受けるためには103万円、配偶者特別控除を受けるためには141万円以下でしたが、所得者本人の給与収入が1120万円以下ならば、配偶者控除は150万円以下、配偶者特別控除は201万6千円未満になりました。

世帯主が平均的な給与収入であるならば、妻のパート収入が200万円くらいまでは所得控除の対象になるということですね。

参考までに こちら

ただし。

・住民税については平成31年分からの適用となります。

・社会保険の扶養範囲については変更はなさそうで、130万円の壁はこれからも存在しそうですね。



ところで、このFC2ブログ。設定がけっこうめんどうで、設定画面をいじると書いてた記事が消えてしまうんですよねえ。使いにくいなあ…

なぜ正しく申告しなければならないのか

flower

税金の計算については、およそいろんな人がいろんなことを話題にします。皆様は、誰かとこんな話をしたり聞いたりしたことはないですか?

「まいっちゃうよー税金が高くて」「どうにか払わないで済む方法はないかねえ」「うちなんて、ずーっと払ったことないよ!」「これこれこうやれば税金出ないよ」など。

「ふるさと納税すれば税金が得になるんですよね?」という相談もここ数年増えました。ふるさと納税については私には個人的意見があります。それはまた別の機会に書くとして。


そもそも、なぜ正しく計算して申告しなければならないのでしょうか?ふと考えました。その疑問に即答できなかった…。


「あの人は適当にごまかして申告して、税金払ったことないって言ってた。なのになぜ自分は正しく申告しなければならないの?」「税務調査が来て、正しくないところは指摘されて税金が追加でかかるというけど、じゃあ税務調査っていつ来るの?調査が来なければごまかしてもばれないでしょ?」

なるほど、確かにそうですね。誰かが適当な申告で税金を払わないで済ませているのに、自分は正しく申告して税金を払わなければならないなんて不公平だというのはもっともです。不正してる人はちゃんと捕まえてよ!って思いますよね。

税金を1円でも払いたくないという人は、私たち税理士に報酬を支払って申告を依頼してくださることもないでしょう。ですから、私たちに仕事を依頼してくださる方は正しく申告をしよう、商売を発展させていこうというお気持ちがある方だと思います。お客様には心から感謝しております。




申告・納税の義務憲法に規定されています。どう申告するか細かな規定は税法に規定されています。なので、正しく申告されていない場合は法律違反ということになります。


次に、正しい収入支出を把握しないと商売の現実の姿が見えてこないのです。儲かっているのか儲かっていないのか。どんな問題点があるのか。発展させるためにはどうしたらいいのか。


利益を出せるような商売したいですよね?商売して赤字でいいなんて本当は誰も思っていないはず。


私たち一人一人の個人も、商売としての個人事業も、法人で行う事業も、税金によって行われる公的なサービスあっての存在です。道路がなかったら、ゴミの収集がなかったら、市民が健全に暮らせる世の中でなかったら、経済活動は成り立ちません。だからこそ、税金を払うことで利益を社会に還元することが必要なんだと思うのです。


これが今のところの私の結論です。



けいゆう会に参加しました

昨日は、けいゆう会に参加してきました。

この会は日本政策金融公庫さんとの勉強会懇親会です。

貴重な情報をたくさん教えてもらいました。

また、公庫の担当者さんたちとお話したりしてとても身近に感じることができました。

私は初めて参加したのですが、参加して良かったです。

公庫さんからの借り入れを検討しているお客様とのパイプ役を務めたいと思いますので、どうぞお気軽にご相談くださいね。

セルフメディケーション税制 対象品目が追加されました

気球

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

以上、国税庁ホームページより。

去る8/18に、この医薬品が追加されています。

かなりの品目数になっていますが、対象となる医薬品をご購入の場合は領収書の保存をお忘れなくです。

対象品目一覧表は、   こちら


今日から9月。めっきり秋めいてまいりましたが、厳しい残暑のあとの気温低下についていけない人も多いのではないでしょうか。健康には気をつけて秋を迎えてまいりましょう。

週末の台風にもお気をつけくださいね。